日帰り治療も当たり前?進歩した豊胸治療の詳細を学ぼう!


体にかかる負担が大きかった従来の豊胸治療

バストサイズを大きくする豊胸治療は体に負担がかかるイメージがありました。初期の豊胸治療はバストを大きくするためのシリコンバッグを入れるため、胸部を切開する必要があったためです。場合によっては数週間以上の入院が必要になる他、手術後もバストの形を整えるために定期的な検査が必須でした。時間もお金もかかることから、安易に実行できる審美治療ではなかったと言えるでしょう。豊胸手術は単にバストを大きくするだけではなく、体の負担を減らすことも重要な課題になっていました。医療技術の進歩と共に豊胸治療の方法も変化し、体への負担を減らすことが当たり前となったのです。

自分の体から取り出した脂肪を注入する方法の利点

切開しない豊胸治療は体への負担が非常に少ないため、従来の大掛かりで入院も必要というイメージの払しょくに繋がると言えます。中でも患者本人の脂肪を胸部に注入する方法は拒絶反応がほとんど起きない点が大きな利点です。また、脂肪はヒアルロン酸などの薬剤とは異なり、体内で分解されないことから永続的な効果が期待できます。脂肪特有の弾力性を持たせつつ、バストサイズを大きくできる方法なので自然な仕上がりを重視する人には最適と言っても過言ではありません。切開を行わないので、場合によっては数時間の処置で終わらせることも可能です。

どのような豊胸治療も事前の入念な検査が不可欠

メスを使わずにバストサイズを大きくする豊胸治療は手軽さと体への負担の少なさから注目されていますが、それでも体の造りを人為的に変化させる行為であることを忘れてはいけません。適切な方法で行わないとバストの形が悪くなったり、重大な健康被害に遭うおそれもあります。入念な検査を行い、体調を考慮したうえで治療を受けるのが綺麗に仕上げる秘訣です。

豊胸は、医療器具を使った切開手術の他に、自分の皮下脂肪を注入する方法や、高濃度のヒアルロン酸を使った方法もあります。