サーマクールとは?使うメリットとデメリット


サーマクールと治療できる部位

サーマクールとは、高周波を使用することでしわやたるみなどの改善が期待できる治療機器です。こちらの機器で使われる高周波は、肌の表皮の内側にある真皮に作用します。真皮は約7割がコラーゲンでできており、肌の弾力などを左右する部分です。そして高周波を使うことで真皮のコラーゲンを活性化させ、メスなどを使った整形手術をしなくてもお肌を若返らせ、引き締める効果が期待されます。サーマクールで治療できる部位は高周波を使っての熱作用の影響を避けるため、上まぶたのくぼみや目の下のくまやしわを除く部分、つまり目の周り以外の部分となります。治療の持続期間は半年ほどで、根本治療には至らないことにも注意が必要です。

サーマクールを使うメリットとデメリット

サーマクールはすでにアメリカで認可を受けており、メスなどを使用せずに治療ができるため、安全面でメリットがあります。また、通常のレーザーや赤外線では届かないお肌の深層部まで作用してコラーゲンの生成を促し、1か月程度で多くの人がお肌の引き締まりを実感できる美肌効果が高い治療方法です。さらに、高周波の作用で皮脂腺を収縮することもできるので、ニキビができやすいなどの体質を変える効果もあるとされています。

サーマクールのデメリットは、高周波による作用が合わない・実感できない人が一定程度いることです。特に新陳代謝があまりよくない人は効果を実感しにくいようです。また、サーマクールの高周波の熱作用により、肌の内部が一時的にやけどを負う状態となりますが、肌の弱い人は表面にもやけどが起こることがあります。

サーマクールとは、高周波の電気的エネルギーを使ったお肌の治療法です。手術をしないで顔のたるみを改善し、毛穴を引き締め小顔効果にも期待できます。肌にはりが生まれ、潤いに富んだ肌へと導いてくれるのです。