正しいaga対策とは!?まずは髪を薄くする原因を知ろう


究極のaga対策は5αリダクターゼとDHTの抑制

脱毛酵素である5αリダクターゼと男性ホルモンのDHTの分泌を抑制することが、aga対策として最も大切なことです。男性は脱毛促進物質が分泌されやすいため、女性より薄毛になりやすいのです。これらの分泌を抑制するためには、aga専門クリニックでaga治療薬を処方してもらうのが得策でしょう。市販の育毛剤は頭皮の血管拡張には役立ちますが、5αリダクターゼとDHTは抑制できません。

育毛剤で薄毛の進行を抑えられる

agaを発症してもすべての人がaga専門クリニックに行くわけではありません。早期の段階でセルフケアを徹底すれば、進行を最小限に抑えられます。例えば育毛剤は頭皮の血管拡張作用により、毛母細胞を甦らせます。aga治療薬が守りの対策であるのに対して、育毛剤は攻めの対策です。理想的なaga対策は両者を並行することですが、初期の段階なら育毛剤だけで現状維持をできるケースが少なくありません。

洗髪はしすぎないことが大事

洗髪はaga対策の基本中の基本ですが、過度の洗髪は逆効果になることがあります。必要な頭皮の皮脂まで落としてしまい、皮脂不足を招いてしまうのです。すると頭皮が乾燥するので抵抗力が弱くなり、かゆみ・赤みなどを招いたりします。乾燥した状態が長期的に続くと、今度は頭皮が過剰に皮脂を分泌するようになる場合があり、そうなると毛穴つまりの問題も出てくるのです。洗髪の回数は1日1回を基本とし、夏場の汗をかく時期でも2回までに抑えてください。洗いすぎが頭皮を弱くし、agaの促進に拍車をかけることがあります。

agaを京都で解決しようと考えている人は、京都駅周辺に行くとよいでしょう。90%以上の発毛率を誇る等、信頼性と効果を兼ね備えた所が多くあります。駅前以外にも、河原町や烏丸周辺にも信頼できる所が多いです。