他の脱毛と何が違うの?レーザー脱毛の仕組みや注意点を学ぼう!


毛根を焼き潰して新たな発毛を予防するレーザー脱毛

レーザー脱毛が他の脱毛処理と大きく異なる点として、効果の永続性があります。一般的な脱毛処理は伸びた体毛を取り除くだけなので、日数が経つと再び体毛が生えてきます。そのため、何度も脱毛処理を繰り返さないと美肌を保つことができません。しかしレーザー脱毛の場合、レーザーの照射によって毛穴にある毛根が完全に破壊されるので、処理を行った部分からは二度と体毛は生えません。毛根は一度破壊されると新しく形成されることはないので、レーザー脱毛による処理は効果が永遠に続くと言えます。何度も脱毛処理を行う手間がかからないのが利点ですが、その一方で誤って処理を行ってもやり直しができない点には注意しなければいけません。

医療機器なので病院以外の施設では扱うことができない

レーザー脱毛に用いる機械は医療機器なので、医師免許を持っている人しか扱うことはできません。そのため、必然的に美容外科などの医療機関に限って行われる方法と言えるでしょう。光脱毛はレーザー脱毛と似た方法とされていますが、毛根への影響は大きく異なるので見た目は類似していても中身はまったくの別物です。光脱毛は毛根への影響はほぼ皆無なので永久脱毛とは言えません。毛根を破壊して新たな発毛を防ぐならレーザー脱毛一択と言っても過言ではありません。もちろん、脱毛処理を行う医師の技術力が仕上がりの良し悪しを左右するのも事実です。レーザーの強さの調整や照射する部分を誤ると綺麗に処理ができず、体毛が残ってしまいます。

綺麗に仕上げるためには事前の情報収集が重要と言えるでしょう。

光脱毛と医療レーザー脱毛の違いは、照射する波長にあります。レーザー脱毛の方が波長が長く強いため、確実に毛根に当て高い効果を得ることができ、その分通う回数も少なくて済みます。